【NEW】WEBディレクター

2017年6月にi.Colorへ入社し、Webディレクターとしてプロジェクトに参画させていただいております。

それまでは社内SEやフロントエンドエンジニア等の仕事をしており、Webディレクターの仕事は未経験で、当時は「ディレクター」と言われても具体的に何をする人のことなのか、イメージが定まらない状態でした。

 

そこから2年が経とうとする今、ディレクターとは「成功をデザインする仕事だ」と考えるようになりました。

具体的な業務とすれば、プロジェクトの立ち上げ、進行管理、制作指示、要件定義、成果物確認等、挙げればキリがないのですが、常に「何がどうなれば成功といえるのか」を意識しています。

成功を定義し、必要な道筋を決める覚悟と視野が、広く高い水準で求められていると感じています。

 

そう書くと少し固い仕事のイメージになってしまったかもしれませんが、ディレクターとしてプロジェクトを成功させるために最も重要なのは「フットワーク」と「コミュニケーション能力」である、とも感じています。

複数の関係者をチームとしてまとめ上げ、意見を調整することがディレクターの大きな役割なので、着任前に(勝手に)抱いていた「机上で専門的な知識を駆使して難易度の高い問題をクリアできなくてはいけないのではないか」というイメージとはうらはらに、文字通り社内を走り回っていることもあれば、自席を入れ替わり立ち代わり訪れる関係者とのコミュニケーションが絶えない日もあります笑

 

でもそれは裏を返せば多くの仲間に囲まれて仕事ができるということで、1人でないことの責任の重さも、1人でないことの安心感や楽しさも同時に感じることができ、充実したディレクターライフを送らせていただいていると思っています。

 

また、昨年から自社内ではマネージャーとして会社創りにも携わっています。

 

主な仕事はメンバーのマネジメントですが、経営陣とともに会社の運営方針について検討する機会も多々あります。

私の意見も積極的に取り入れていただけるため、ここでも判断には常に緊張感と責任感が伴います。

しかし、現場での経験を活かし、その判断が少しでもメンバーや会社の成長につながったことを実感できたとき、同時に自身の成長も感じることができるため、非常にやりがいのある役割をいただいたことを感謝しています。

 

会社創りを通して最も感じることは、i.Colorでは仕事を通して人が人に真剣に向き合っているということです。

当社ではメンバー1人1人のできること/できないこと、やりたいこと/やりたくないことをはじめ、希望のライフスタイルやライフプランと併せてキャリアプランを考えます。

それぞれのライフプランを実現するために必要なキャリアプランは何か、という考え方にも近いかもしれません。

自分にとって納得感が大きく、かつ長期的な目線を持って仕事に取り組めるため、目の前の業務に対して疑問を抱えることが少ないように思います。

その結果、高いモチベーションを維持しやすく、コミット力も高まります。

 

私自身がメンバーと向き合う際も、仕事を通じて今この瞬間互いのライフステージをともにしている仲間だという意識を忘れずに接するようにしています。

誰かが何かを一方的に押し付けるのではなく、メンバーも自分も会社も豊かになるようなマネジメントを心掛けています。

 

そういった社風のせいか、採用面接がキャリア相談のようだった、というお声をよくいただきます。

それはきっと、社員1人1人が幸せに働けることが、お客様を含めた周りの方を幸せにするために大切なことだから。

そしてそれが社会とつながるということの一部であり、i.Colorの社員としての役割の1つだと私は考えます。

 

現在i.Colorでは、自社事業の立ち上げに向けて一緒に会社を創ってくださる仲間を募集しています。

プロジェクトでの学びを会社創りに活かしてみることで自身の成長も実感できますし、自らの経験が会社の成長にダイレクトにつながる喜びは、他ではなかなか味わえない貴重な経験だと思います。

 

私もプロジェクトで培った経験を糧に、自分の手でi.Colorの成功をデザインすることが次の目標です。

一緒に目標を探し、実現に向けてともに歩んでくださる仲間が増えることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です