ゲームプランナーに必要なこと

2017年の9月にi.Coloorに転職をしました。
それまではプロパーとしてゲームプランナー、ゲームディレクターそして
プロジェクトマネージャーとして数社を挟み経験してきました。
私は激しく動くスマホゲーム業界の中で常に新しいチャレンジやスキルを
身につけるために転職を繰り返していましたが、i.Colorであれば転職を
繰り返さずとも常に自身がステップアップできる環境に身を置けるため
i.Colorへ入社を決めました。
自身が望むキャリアプランについてとても親身になって相談に乗り、
実現するために必要なバックアップも惜しみなくしてくれるので、
まっすぐ前を突き進むことだけに注力できてi.Colorに入社し本当に
良かったと思っています。
ゲームプランナーとは「自分の思い描いたものをアウトプットし続ける自由人
という印象を持っている方が多いかもしれませんが、実際とは大きく異なります。
(中にはそういう方もいらっしゃいますが・・・)
そのゲームを遊び、評価するのはユーザーの方々であるため、
「常にユーザーの求めているものをデータで導き出し、求められる前に実現していく」
のが大きな役割と言えます。
しかし、プランナーはプログラミングもデザインも出来ないことがほとんどであるため、
エンジニアやデザイナーの手を借りて実現しなければなりません。
そのためにはコミュニケーション能力が必要となりますし、
マネジメント力プランニング力データマイニング力等々幅広いスキルが求められる職種です。
何故なら多くの人の協力を得て初めて世にサービスを送り出せるからです。
そうして世に出したものが低評価であっては、自身のみならず協力してくれた方々の評価も上がることはないのです。
幅広いスキルと強い責任感が求められる職種であると私は思っています。
厳しいことを書き連ねましたが、すべて解決できるものです!
ゲームプランナー職を続けていく上で、最も大切なことは「経験値」であると言えます。
どのような厳しい状況であっても経験をすれば次に活かすことができます。
業務上でPDCAを行うことはよく聞くと思いますが、これを自身に置き換えるだけでいいのです。
都度自身の足りなかったスキルは学び、十分であったスキルは磨き、
次へ次へと繋げていければ気が付いた時にはステップアップしていることでしょう。
i.Coloでは大切な「経験値」を他よりも早く、好循環なサイクルで積み上げることができます。
また自社サービスをスタートさせることが会社の直近の目標であり、私の目標でもあります。
i.Colorも新しいチャレンジで「経験値」を積む時期なので、一緒にステップアップを目指しませんか?
転職や入社を決断する前に是非お話を聞かせてください。
きっとi.Colorは力になれるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です