再チャレンジ

2018年2月にi.Colorへ転職をしました。

これまで主に金融系を中心とした業務システムの開発に携わってきましたが、
前の会社では経営優先の場当たり的な現場アサインが多く、プログラマを
やったと思ったら次は管理系のPMO、その次はひたすらテスト要員、、と、
現場での役割も順番もまばら。
エンジニアとして一歩一歩段階を踏みながら経験を積んでいるという実感が
なかったため、経験年数の割に自分のキャリア・能力にずっと自信を
持てずにいました。
このままでは無闇に歳ばかり重ね、いずれ仕事がなくなるのでは、、と
漠然と将来への不安が募っていくばかりでしたが、
昨秋子供が生まれたことで転職を決意しました。

 

ちなみに実は私、6年前に一度i.Colorの面接を受けているんです
当時は仮採用までいったものの諸事情により入社まで至らなかったのですが、
その後の転職活動の助けになれば、と入社もしない私に面接対策などの
サポートをして下さり、おかげでその一か月後、異業種から未経験での
転職を果たすことができました。
転職を決めた際、少しでもその時の恩返しがしたい、一緒に仕事をしたいとの
想いから、迷わずi.Colorの門を再び叩き、現在に至ります。

 

そんな私が入社して感じたi.Colorの最大の魅力は、兎にも角にも
社員の事を第一に考えてくれることです。
私の一番の転職理由でもあったキャリアプランの形成についても、自分が
どうなりたいか、そのためにはどのような経験・現場が必要かなどのヒアリングを
十分に行い、社員の希望を踏まえた上で成長に繋がることにとことんこだわって
現場アサインを真剣に考えてくれます。
また現場での様子を常に気にかけて頻繁に連絡をくれますが、単に仕事としてと
いうのではなく本当に気にかけてくれているのが伝わりますし、ちょっと
大袈裟かもしれませんが至る所で「家族」のような愛情を感じる事が多いです。

 

社名にもあるように、ここでは社員が持つそれぞれの色を活かしてくれます。
Web系、業務系、或いはディレクターやプログラマなど職種も多岐に渡りますし、
ひたすら技術に走るのもあり、或いは会社運営にも力を注ぐ生き方もありです。
私自身は現場ではSEや管理系の業務に携わっていきたいと思っていますが、
6年前から変わらない上層部の人柄や社内の雰囲気に惹かれて入社したので、
会社運営にも携わって会社の成長の手助けができればと思っています。

 

ちなみに弊社の面接は、世間一般の「面接」とはだいぶかけ離れています。。
終始笑いの絶えない和やかな雰囲気で進み、面接というより
「進路相談のようだった」と皆口を揃えて言います(笑)。
そんな中でも会社説明はしっかり行いますが、良い点を並べるばかりでなく、
まだ成長過程にある会社だからこその悪い点も包み隠さず話してくれるので
それがかえって安心感に繋がりました。
やりたいことができていない、自分の適性がわからないなど、もしあなたが
ほんのちょっとでも悩んでいるなら一度遊びに来てお話を聞かせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です